職業や見た目で入居審査に落ちた!?【在籍・アリバイ会社はコミット】

 入居審査は見た目や職業が影響する?

人は見た目じゃない!と教わりますが、社会にでると「世の中

そんなに甘くないなぁ」と実感する人も多いのでは?

クレジットカード、公共料金、携帯料金、家賃・・・

これらに共通するのが『滞納』です!

最近、若い方の間ではクレジットやショッピングカードによる

買い物により支払いを数回遅れただけでいわゆる

〖滞納者=滞納ブラック〗となってしまう方が多いそうですが

普通に生活する分には特に影響はないでしょう。ですが

これから先、家や車を買おうと思った時、ステータスを向上

させようと思った時に影響するし、賃貸物件においての

入居審査にも大きく影響します。

一人暮らし、離婚や独立などで自分でマンションを契約

しなくてはいけなくなった場合には、上記に記したように

まずは本人のお金に対してだらしがないかどうか、と第一印象が

大きく影響します。そして次にチェックされる審査項目として

働いている職業なのです。

職業というのは収入はもちろんですが職種によっても審査の

合否に影響します。代理で物件を預かっている管理会社であれば

毎月の家賃を払っていけるだけの収入があればOKくれる

ところも多いですし、連帯保証人や保証会社の審査が通れば

OKな会社もありますが、オーナーさんはあくまで個人的な主観で

判断される人も多いので現場の職業はケガする可能性があるから

敬遠されてしまったり、美容系やファッション関係の職業は

派手な格好の人が多いから嫌だとか・・・個人の意見で判断される

ケースも多いので注意が必要です。心配なら賃貸仲介不動産屋

の担当者に事前に確認してもらうようにしましょう。

入居者もオーナーも十人十色

『新婚夫婦はマンションを借りやすい』

『犬はOKでも猫はNG』

『夫婦OK子供NG』

『自営業者、芸能人はNG』

『外国人、水商売関係入居OK』

『50歳以上NG』

これは今までにあったよくわからないオーナー主観の考え方で

賃貸物件を借りる際についている条件の一部です。

物件によってここまで条件や考え方が違うと間取りや立地で

選ぶより条件で選んだ方が早い気もしますが…

同じ建物でも部屋によってオーナーさんが違い、管理会社も

異なる部屋があるので片方NGでももう片方はOKだったりする

こともあるので気に入ったマンションがあったら不動産屋に

相談してみましょう。